基本的な編み方

編みはじめから始末まで詳しく説明しています。
また、作品の風合いを変える編み始めも紹介しています。

輪編みの編み方    ・平編みの編み方   ・ポンポンの作り方
フリンジのつけ方   ・裏編みの編み方   ・伏せ止めの仕方
目の増やし方     ・目の減らし方


■ 輪編みの編み方
【編み始め】
作り目を作る編み始めと作り目にリングの飾りができる編み始めを紹介します。 
あったかいマフラ-が編めるよ
あったかいマフラ-が編めるよ
<作り目を作る編み始め>
1,2周目が作り目になり、3周目が1段目になります。
@毛糸端をセロテ−プで止める。  @毛糸端をセロテ−プで止める。 
毛糸をピンの外側・内側へと交互に引っ掛け A毛糸をピンの外側・内側へと交互に引っ掛けながら一周します。
  引っ掛ける方向は時計回りでも反時計回りでもできます。
始めのピンに色などを付けておくと段目が数えやすくなります。
糸が最初のピンまでくると、編み糸をピンの外側にもっていきます ≪2周目は毛糸がピンの外側にあるピンだけ編みます。≫
B毛糸が最初のピンまでくると、編み糸をピンの外側にもっていきます。
毛糸をピンの外側・内側へと交互に引っ掛け Cピンの外側にかかっている毛糸を押し下げ、編み糸より下側から毛糸を引っ張り、ピンを越してピンの内側に入れます。
毛糸をピンの外側・内側へと交互に引っ掛け D一つおきにピンの外側にある毛糸をCと同様にして編んでいきます。
毛糸をピンの外側・内側へと交互に引っ掛け E3周目からは全てのピンを同様にして編んでいきます。
とっても重要です
ゆるくピンへ巻いて下さい。次の周で毛糸をピンから引き抜く動作をします。
そのとき、ゆるくないときつくて編めませんので気をつけて下さい。
ゆるくピンへ巻いて下さい
<作り目にリングの飾りができる編み始め>
1周目がリング飾りになり、2周目が1段目になります。
糸端に輪を作りループを引き出します @ループを作る
糸端に輪を作りループを引き出します。
糸を引いて輪をとじ、編み始めのループを作ります 糸を引いて輪をとじ、編み始めのループを作ります。
糸端に輪を作りループを引き出します A編み始めのループをピンへ取付けます。
始めのピンに色などをつけておくと段目を数えやすくなります。
ピンに毛糸を巻き付け左隣のピンへ移ります ここから時計回りで説明していきます。
B左隣のピンに向かって内側からピンに毛糸を巻き付け左隣のピンへ移ります。
ピンに毛糸を巻き付け左隣のピンへ移ります この動作で一周します。
ピンに毛糸を巻き付け左隣のピンへ移ります B毛糸が最初のピンまでくると、編み糸をピンの外側にもっていきます。
ピンに毛糸を巻き付け左隣のピンへ移ります  
ピンに毛糸を巻き付け左隣のピンへ移ります Cピンの外側にかかっているル−プ毛糸を押し下げ、編み糸より下側から毛糸を引っ張り、ピンを越してピンの内側に入れます。
このル−プ毛糸を編んでおくと仕上げに糸端を引っ張るだけで、リング状の口が崩れずに出来上がります。
ピンに毛糸を巻き付け左隣のピンへ移ります 外側の毛糸をつまむ 引っ張り上げる ピンの内側へ入れる以下この動作の繰り返しです。
毛糸をピンへはゆるいめに巻いておきましょう、次の毛糸を引き抜く動作のときにきつくて引き抜きにくくなりますから。
編み終わり
編み終わりの毛糸を強く引くと編み目がほどけますので十分注意して下さい。
編み終わりをしぼる方法です 編み終わりをしぼる方法です。
@40cmぐらい毛糸を 残し編み終わりの毛糸を毛糸針に通します。
A編み機に編み地をつけた まま編み終わりの目に針を通します。
目に通したらピンからはずします。
全ての編み目に毛糸を通します。
編み終わりの毛糸を引っ張り穴がふさがるまでしぼります B編み終わりの毛糸を引っ張り穴がふさがるまでしぼります。
編み地に毛糸針をさし、輪が残るように針を抜きます C編み地に毛糸針をさし、輪が残るように針を抜きます。
毛糸の輪の部分に結びます D毛糸の輪の部分に結びます。
毛糸の輪の部分に結びます セロテ−プを巻くと毛糸針がなくてもできますよ。
つまみにくい場合はかぎ針を使ってください。
文鎮やおもしをのせて編み機が動かないようにして下さい。

■ 平編みの編み方
【編み始め】
作り目を作る編み始めと作り目にリングの飾りができる編み始めを紹介します。
<作り目を作る編み始め>
編み巾を偶数ピンにして編んでいきます。
1往復すると作り目になり、次からが1段目になります。
糸端をセロテ−プで止める @糸端をセロテ−プで止める。
毛糸をピンの外側・内側へと交互に引っかけます A毛糸をピンの外側・内側へと交互に引っかけます。
糸が最初のピンまでくると、編み糸をピンの外側にもっていきます B偶数番目のピンに来ると、編み糸を内側からピンに回し向きを編み始の方向に変え、編み糸をピンの外側にもっていきます。
ピンの外側にかかっている毛糸を押し下げ、編み糸より下側から毛糸を引っ張り、ピンを越してピンの内側に入れます Cピンの外側にかかっている毛糸を押し下げ、編み糸より下側から毛糸を引っ張り、ピンを越してピンの内側に入れます。
編み始までピンの外側にある毛糸だけを同様にして編みます。作り目の出来上がりです。(ピン一つおきになります。)
平編みの編み方
編み始めのピンに来ると内側からピンに回し向きを偶数番目のピンに変えます。 D編み始めのピンに来ると内側からピンに回し向きを偶数番目のピンに変えます。

次からは全てのピンを編んでいきます。
とっても重要です
ゆるくピンへ巻いて下さい。次の周で毛糸をピンから引き抜く動作をします。
そのとき、ゆるくないときつくて編めませんので気をつけて下さい。

<作り目にリングの飾りができる編み始め>
編み巾を偶数ピンにして編んでいきます。
1往復するとリング飾りになり、次からが1段目になります。
糸端に輪を作りループを引き出します @ループを作る
糸端に輪を作りループを引き出します。
糸を引いて輪をとじ、編み始めのループを作ります 糸を引いて輪をとじ、編み始めのループを作ります。
糸端に輪を作りループを引き出します A編み始めのループをピンへ取付けます。
始めのピンに色などをつけておくと段目を数えやすくなります。
ピンに毛糸を巻き付け左隣のピンへ移ります B右隣のピンに向かって内側からピンに毛糸を巻き付け右隣のピンへ移ります。
ピンに毛糸を巻き付け左隣のピンへ移ります  
ピンに毛糸を巻き付け左隣のピンへ移ります C偶数番目のピンに来ると内側からピンに回し向きを編み始の方向に変え、編み糸をピンの外側にもっていきます。
ピンに毛糸を巻き付け左隣のピンへ移ります Dピンの外側にかかっている毛糸を押し下げ、編み糸より下側から毛糸を引っ張り、ピンを越してピンの内側に入れます。
このル−プ毛糸編んでおくと仕上げに糸端を引っ張るとリング状の口が崩れずに出来上がります。
平編みの編み方

編み終わり
編み終わりは、輪編みの編み終わりと同じ方法でできます。
つまみにくい場合はかぎ針を使ってください。


■ ポンポンの作り方
糸端をセロテ−プで止める @写真のように2本のピンにラップを巻きつけます。
間隔が大きいほど大なポンポンができます。
毛糸をピンの外側・内側へと交互に引っかけます A毛糸を30〜 50回ぐらい巻きます。
糸が最初のピンまでくると、編み糸をピンの外側にもっていきます B中心を40cmぐらいの別糸でしっかりと結びピンから外します。
ピンの外側にかかっている毛糸を押し下げ、編み糸より下側から毛糸を引っ張り、ピンを越してピンの内側に入れます C両端をはさみで切ります。
編み始めのピンに来ると内側からピンに回し向きを偶数番目のピンに変えます。 D球状にそろえます。

■ フリンジのつけ方
糸端をセロテ−プで止める @輪編みの場合、編み始め・編み終わりを平らにし上下の目を揃えます。
毛糸をピンの外側・内側へと交互に引っかけます A30cmにカットした毛糸3本どりをかぎ針で一度に目を通します。
糸が最初のピンまでくると、編み糸をピンの外側にもっていきます B引き出したル−プに毛糸を通し結びます。
糸が最初のピンまでくると、編み糸をピンの外側にもっていきます  

■ 裏編みの編み方
輪編みの編み方・平編みの編み方で説明したのは、表編みの編み方です。
次に裏編みの方法を紹介します。
糸端をセロテ−プで止める @毛糸をピンにかかっている毛糸の下から引っぱり出します。
毛糸をピンの外側・内側へと交互に引っかけます A引っぱり出した毛糸を持ちながらピンにかかっている毛糸をピンから外します。
毛糸をピンの外側・内側へと交互に引っかけます  
糸が最初のピンまでくると、編み糸をピンの外側にもっていきます B引っぱり出した毛糸をピンにかけます。
ガ−タ−編みは、表編みと裏編みを1段ごと編むとできます。
ゴム編みは、表編みと裏編みを交互に編んでいくとできます。

■ 伏せ止めの仕方
編み終わりの伏せ止め(編み終わりをしぼらない方法です。)
糸端をセロテ−プで止める @編み終わりからゆるいめに2目編みます。
毛糸をピンの外側・内側へと交互に引っかけます A編み終わりの目を隣のピンにかぶせます。
糸が最初のピンまでくると、編み糸をピンの外側にもっていきます Bかぶせた毛糸の中からゆるいめに編んでいた 毛糸を毛糸針で引き抜きます。
ピンの外側にかかっている毛糸を押し下げ、編み糸より下側から毛糸を引っ張り、ピンを越してピンの内側に入れます Cゆるいめに編んでいた毛糸を引き抜いた状態です。
編み始めのピンに来ると内側からピンに回し向きを偶数番目のピンに変えます。 D次の目をゆるいめに編んでから 引き抜いた毛糸を隣のピンへかぶせます。
編み始めのピンに来ると内側からピンに回し向きを偶数番目のピンに変えます。 E伏せ止めをした写真です。
以下同様の動作を繰り返します。
最後の目に毛糸を通し結び、残った糸は編み地の中へ編み込んで、余分な毛糸は切って下さい。

■ 目の増やし方
かけ目の方法で1目増やします。
右端にきたとき、右隣のピンの内側から糸を回し左のピンを編みます。
目の増やし方
目の増やし方
目の増やし方
左端にきたとき、左隣のピンの内側から糸を回し左のピンを編みます。
目の増やし方
目の増やし方
目の増やし方
目の増やし方

■ 目の減らし方
右端を1目減らす方法です。赤印が右端ピンです。
目の減らし方 @右端の2ピン手前まで編みます。
目の減らし方 A右端のピンにかかっている毛糸を左のピンにかぶせます。
目の減らし方 B編み糸を右隣のピンの外側に持っていき,先ほどかぶせた毛糸をピンに編みます。
目の減らし方 C始めにかかっていた毛糸をさらに、編みます。
目の減らし方 D右端が1目減った写真です。
目の減らし方 E左端の2ピン手前まで編みます。
目の減らし方 F左端のピンにかかっている毛糸を右のピンにかぶせます。
目の減らし方 G編み糸を左隣のピンの外側に持っていき,先ほどかぶせた毛糸をピンに編みます。
目の減らし方 H始めにかかっていた毛糸をさらに、編みます。
目の減らし方 I左端が1目減った写真です。
目の減らし方

スプールウィービング・リハビリ編み機の詳細は

Copyright 甲南医療器研究所 . All rights reserved.
Powerd by フォーサイト福島 info@f-sight.com