よくある質問Q&A

皆様からよくいただくご質問をご紹介します。

Q1.スプールウィービングとは何ですか?
スプールウィービングは、片麻痺や手の不自由な片のために開発された、片手でも編める編み機です。(スプールウィービング誕生物語
たくさんの病院や施設でリハビリ訓練に使われ、定番のリハビリ用具となっています。
片手の単純な動作だけで、帽子やマフラーなど本格的な編み物を楽しむことができます。
機能回復をはかるだけでなく、創造の楽しみや家族や健常者との関わりも生まれます。

Q2.本当に片手だけで編めるのですか?
片手の単純な動作の繰り返しで編むことができます。
子供の玩具のリリアン編みと編む要領は同じです。
利き手でない手でも、充分に編むことができます。

Q3.すべて片手だけでも大丈夫ですか?

毛糸の始末や毛糸の色を替えたりする時などは、片手だけでは、難しいかもしれません。
その際は、ご家族などにお手伝いいただけたらと思います。


Q4.最初はどの編み機を選べばよいですか?

最初は、スプールウィービングをおすすめします。
固定しやすく、扱いやすいので、初めての方にピッタリです。
可能でしたら、いろんなサイズを編めるように3サイズのセットがオススメですが、中サイズでお試しいただくのも、よいかと思います。


Q5.重しは必ず必要ですか?

編み物をされる方の症状にもよりますが、動かないように押さえる事ができない場合は、あった方が良いです。
当研究所でも文鎮としてご紹介していますが、重しは基本的に何でも良いです。
握りやすく、巾が20〜30cmで重さ1kg前後のものが使いやすいようです。

 

スプールウィービング・リハビリ編み機の詳細は

スプールウィービング

 

Copyright 甲南医療器研究所 . All rights reserved.
Powerd by フォーサイト福島 info@f-sight.com